【ハッカー怖い】超危険人物とされたハッカー達。これを見ると恐ろしすぎてPCを開けなくなる。

2017/11/04 UPDATE
 
65 views
  • 1. ゲイリー・マッキノン

  • 米軍の機密情報にアクセスしていたのが2001年。

    彼は失業中のシステム管理者でした。

    彼がハッキングで重要なファイルを削除してしまったために、米軍に多額の被害が起きました。

    ただ、彼の狙いはフリーエネルギーやUFOの情報を探ることだったようです。

    意外とUFO好きだったのですね。

    彼は今も生きています。

  • 2. アルバート・ゴンザレス

  • 彼は大量のクレジット情報を盗んだことで有名です。

    当時の警察の見解によれば、ゴンザレスは不正アクセスしたコンピューターに複数のコードを仕込んでいたそうです。

    1億7000万件近くのカード情報を盗み、口座から金を引き出していたとか。

    恐ろしいことですね。

    コンピューターシステムへの損害と不正に入手した現金の被害総額は20億円に達しています。

  • 3. エイドリアン・ラモ

  • 彼は身元を隠すために、ネットカフェや図書館など、公共の場所でハッキングしていました。

    多くのシステムに侵入して、情報を奪っていたようです、

    FBIにも起訴されていますが、他のハッカーの情報を提供し、逮捕に貢献したこともあります。

    良い人なのか悪い人なのかわかりませんね。

    ただ、天才ということだけはわかりますが・・・

  • 続きを見たい方は次のページへ

よく一緒に読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード