【閲覧注意】猿と馬鹿にされ続けた多毛症の人たち9選

2017/11/02 UPDATE
 
1,483 views
  • ① 于震寰(Yu Zhenhuan ユー・ジェンホワン)

  • 于震寰は中華人民共和国出身の歌手です。

    実は体の96%が毛で覆われています。

    2002年に世界で最も毛深い男にギネスにも認定されました。

    確かに毛深さだけでいうと猿並みですね。

    きっと全て剃れば気持ちいいのでしょう。

  • ② ヘスス·アセベス(メキシコ)

  • 彼は30代の男性ですが、人と毛の量が明らかに違います。

    彼の身体と顔には、異常なほど多くの体毛が生えています。

    まるで「オオカミ男」ですね。

    彼はこの「先天性多毛症」のせいで幼少期から「小オオカミ」と呼ばれていたそうです。

    街も歩けないですね・・・

  • ③ ラモスゴメス兄弟(メキシコ)

  • ユー・ジェンホワンさんを抜いてギネスで世界一と認定された兄弟です。

    猿というか、それいじょうですね・・・

    真っ黒すぎて目が見当たりません・・・

    人間の顔はここまで毛が伸びるようなものなのでしょうか。

    恐ろしいくらいですね。

  • 続きを見たい方は次のページへ

よく一緒に読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード