【YouTuber】YouTuberヒカル「VALU大炎上」どういうこと?

2017/08/24 UPDATE
 
76 views
  • 【YouTuber】ヒカルがTwitterで経緯説明、暴落したVAは最高値で買い戻すと謝罪

  • 8月17日、
    ユーチューバーの

    ヒカル氏がTwitterで

    VALUをめぐる一連の

    炎上騒動について

    謝罪するとともに、

    最高値で

    自身のVAとなる
    自社株買いを行うと発表しました。

    VALU側も騒動を受けて

    特別措置を行うと発表しています。

    2017年5月に
    VALUはスタートしたサービスで、

    擬似的な株式(VA)を
    ビットコインを使って発行することで、

    自分自身の価値を売買できるというものになります。
  • 8月10日に

    ヒカル氏は

    仲間の
    ラファエル氏、いっくん氏らとともに

    VALUを開始、

    人気YouTuberということもあり買い注文が

    連日ストップ高で
    続いていたようです。

    しかし、事態は
    8月15日に急変します。

    ヒカル氏らが

    突然、

    所持していた
    全VAを
    何の告知もなく

    自ら売りに出し、
    それまで高騰していた

    VAは暴落。
    ラファエル氏、いっくん氏も
    ほぼ同時期に全VAを放出し、

    これにより、

    一部のごく初期にVAを買っていた人を除けば、

    大打撃を株主のほとんどが受ける形になりました。
  • またこの高騰→売却の流れで、

    数千万円単位の利益を
    ヒカル氏らは得たとも言われています。
     
    株主からは当然、こうした行動に対し、

    炎上状態になりヒカル氏らへの批判が殺到しています。

    問題視が特にされたのは、

    ヒカル氏がページ内に当初は
    掲載していた

    「優待(VALU保有者が受けられる特典)」
    についての記載を削除していたことでした。

    もちろん大量売却も問題視されています。


    8月10日、
    役員を務めるユーチューバー事務所でヒカル氏と

    「NextStage」のメンバーらと共に

    ツイッターやVALUの掲示板で、優待を示唆する


    VALUへ“上場”

    〈VALU保有者限定のオフ会orセミナー等をやる予定にしています〉

    〈明日からvalu(バリュー)で動き出す予定!〉

    などと、内容を告知した。 

    ネット上では
    「市場操作になるのでは」
    「これについて優待で買いを煽っていた」
    といった声もあがりました。


    さらに、自身が所属する会社・VAZの

    井川”氏で、顧問になる方が

    高値で暴落直前に売り抜けていたことから、

    インサイダー取引ではないか
    と疑う声もあがっています。
  • 弁護士の自身もユーチューバーで
    久保田康介氏が
    週刊文春の取材に対し、

    「詐欺罪に問われる可能性もある」
    と指摘しました。 

    「優待示唆が故意だったか否かが、
    今回のケースは重要になります。

    優待示唆に関して

    ヒカルさんは、
    スタッフのミスである旨の
    説明をしています。

    しかし、

    被害額もそれなりになるので

    この反論が認められるかには
    疑問があり、
    裁判になってもおかしくありません」

    と話されていました。


    テキヤのクジに当たりが入っているかを
    検証した動画など
    人気ユーチューバー・ヒカル氏は、

    260万人を超える自身の
    ユーチューブチャンネルの登録者がいますが、
    今後の動きが気になるところです。

よく一緒に読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード