実は本当!?雨にまつわる迷信5選

今回は雨にまつわる本当!?な迷信をご紹介します。
2017/12/01 UPDATE
 
11 views
  • 今回は科学が進歩した昨今、昔からよく言われている

    「言い伝え」の中にはすでに過去のものとなり

    「迷信」として多くの人に知られています。

    しかしながら、そんな「言い伝え」の中にも、実際のところ嘘とは言えない

    真実味のあるものが存在することを知っていますか?

    今回は、「迷信じゃないの!?」と勘違いしてしまいそうな

    雨にまつわる5つの言い伝えをご紹介します。
  • ネコが顔を洗うと雨

  • この理由を知るのはそもそもなぜ猫が顔を洗うのかを知る必要があります。

    猫が顔を洗うのは、猫が自分の唾液をつけた前足で顔をこすって洗う行為です。

    猫の髭はピンと張っておけばエサを見つけるための

    レーダーともなる大切な器官ですが、湿気が多くなるにつれ

    大事な髭の張りが無くなっていきます。

    そのため、猫は湿気が多くて髭がだらんとしたときは

    ピンと張らすために入念に顔を洗います。

    よって、湿気が多くなると猫が顔を洗うため

    雨が降る可能性が高いのです。
  • ツバメが低く飛んだら雨

  • 実は、ツバメは飛びながらエサを捕まえて食べる鳥だということを知っていましたか。

    空気中の湿度が高くなれば、ツバメのエサとなる虫たちは

    高い場所を飛べなくなります。

    よってツバメもエサを求めて低く飛ぶのです。

    そして、湿気が多い時とういことは雨が近づいているということなので

    ツバメが低く飛んだら雨の可能性が高まります。

よく一緒に読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード