【衝撃】この世のものとは思えない奇妙な病気5選

2017/11/15 UPDATE
 
2,697 views
  • 1.象皮病

  • リンパ性フィラリア症、またの名を象皮病と呼ばれる病気は、人の腕と足が巨大化して膨れ上がった写真が有名です。

    原因は蚊によって感染する寄生虫によって発症するもので、現在この病気は1億2000万人以上が感染しており、そのうち4000万人が重傷を負っています。

    蚊が人間を噛むと、マイクロフィラリアと呼ばれる幼虫を血管の中に産み、血の流れに乗って増殖し、数年間住み着きます。

    症状が発症するのは感染から何年か経たなければわかりません。

    血管に寄生虫が蓄積すると血液の流れをせき止めてしまい、それが細胞に流れ出て腕や足を巨大化させてしまいます。

  • 2.早老症

  • 出典: i.ytimg.com
  • 早老症は、子供ころの遺伝子情報のほんの少しの欠如によって引き起こされますが、

    それは壊滅的なほどに人生を変える結果をもたらします。

    平均的に、発症した子供は13歳までに亡くなってしまいます。

    通常の年月で激しく年を取ってしまうので、それによって脱毛、心臓病、骨の弱体化、関節症など身体にさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

    早老症はとてもめずらしい症状で、世界で48人しか感染している人がいませんが、なんと5人の子供がこの症状に感染している家族がいます。

  • 続きを見るには次のページへ

よく一緒に読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード