【閲覧注意】見たらきっと後悔する・・・醜い奇妙な生物たち5選

2017/11/12 UPDATE
 
334 views
  • 1.オオゲジ

  • 国内で温暖な地域でよく見られる、大きなゲジです。

    胴体の幅よりも足の方が長く、体の側面からびっしりと脚がはえていることから、不快害虫としてよく駆除されている。

    しかし、実はオオゲジはゴキブリやクモなどを捕食するため、本来であれば益虫として扱われてもいい生き物です。

    微弱な毒を持っていますが、とても臆病な性格の為見つかってしまったら、瞬く間に逃げていきます。

    一部のマニアにはとても人気が高くペットとして飼う事も!

  • 2.メガボール

  • 都心部においても公園とかの石下に隠れていたりするダンゴムシです。

    ダンゴムシは小さくボールの様に丸くなることから、あまり嫌悪感は持たれないですが、

    それが10㎝以上の巨体となれば、話は違ってきます。

    メガボールはマダガスカルに生息する世界最大のダンゴムシと言われており、日本国内においてもペットとして飼われている事も多いんだとか。

    また、メガボールも人にとっては無害な生き物で、むしろ土に発生する菌を食べる事から益虫と言えます。

  • 続きを見るには次のページへ

よく一緒に読まれている記事

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード